【2018年版】歴代プリキュアシリーズおすすめランキング!!

【2018年版】歴代プリキュアシリーズおすすめランキング!!

1.はじめに

最初の記事がいきなりプリキュアかよ!!と突っ込みが入るかもしれませんが、断固としてこの記事を書かせてもらいます。

この記事書きたかったからブログ始めたくらいです。いや本当に。

まずプリキュアを見たことない人に伝えたいのがプリキュアって素晴らしい!って事です。

どうせプリキュアなんて子供向けでしょ?って思ってるそこのあなた!一度騙されたと思って見てみて!これから紹介していくから!

あとプリキュア大好きだよって方にも楽しんでもらえるように、ありったけのプリキュア愛を20代の男が叫ぶので冷たい目で見ていってください。

2.そもそもプリキュアってどんなアニメ?

プリキュアは2004年からスタートした女児向けの朝アニメで今なお続いている人気作です。

シリーズにもよりますが、基本的には普通の女子中学生が異世界から来た妖精の力で伝説の戦士プリキュアに変身し、悪の組織と戦っていくお話です。

シリーズによって女の子が好きそうなテーマやアイテム(おもちゃの販促も兼ねているので)が取り入れられているのですが、悪の組織との戦いは意外と肉弾戦が主で作画が良い回では白熱のバトルシーンが繰り広げられる事も多いです。

ストーリーも夢や友情、家族愛など身近な悩みが多く、女性だけではなく男性も共感しながら見る事が出来ると思います。

3.放送された順番は?

まず歴代のプリキュアが放送された順番です。2004年にシリーズ最初のふたりはプリキュアが放送されて上から順番に

ふたりはプリキュア

ふたりはプリキュア Max Heart

ふたりはプリキュア Splash☆Star

Yes! プリキュア5

Yes! プリキュア5GoGo!

フレッシュプリキュア!

ハートキャッチプリキュア!

スイートプリキュア♪

スマイルプリキュア!

ドキドキ! プリキュア

ハピネスチャージプリキュア!

Go! プリンセスプリキュア

魔法つかいプリキュア!

キラキラ☆プリキュアアラモード

HUGっと!プリキュア

となっています。HUGっと!プリキュアは現在放送中で、基本的に前後の繋がりが無いのでどのシリーズからでも見れます。が…

      は2部作で繋がっているので、それぞれ下にある方を先に見ることは出来ません。

登場キャラクターなども基本的に同じ為、ランキングでは一緒の作品として扱います。

4.プリキュアおすすめランキング

お待たせしました。これからランキングをご紹介します。こちらのランキングは歴代のプリキュアシリーズを全部鑑賞したぺん太が、ストーリー、キャラクター、バトル、子どもへのおすすめ度、大人へのおすすめ度、そして色々な点を含めた総合点によってなるべく客観的にランキングしたものです。

もちろんプリキュアシリーズは全部大好きで面白いと思っているので、お気に入りの作品がランキングの下の方でも石を投げないでください…。

では、ランキングに参りましょう。

第13位  ハピネスチャージプリキュア!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ハピネスチャージプリキュア! Vol.1 【Blu-ray】
価格:19938円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★☆☆☆

キャラクターの魅力  ★★☆☆☆

作画のクオリティ   ★★★☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★☆☆☆

大人へのおすすめ度  ★★★☆☆

総合点        ★★☆☆☆

あらすじ

地球は謎の国家である「幻影帝国」に支配されつつあり、世界各国で多くのプリキュアがそれを阻止しようと日々戦っていた…。

祖国ブルースカイ王国が幻影帝国に支配されてしまい、ぴかりが丘にやってきた白雪ひめが今作の主人公である愛乃めぐみに出会うところから物語は始まる。

評価

プリキュアシリーズ11作目のハピネスチャージプリキュア、通称ハピプリ

シンプルで可愛らしい雰囲気の今作ですが実はかなりの異色作で、プリキュアが世間に認知されていて世界中でたくさんのプリキュアが戦っているという設定になっています。

そもそもプリキュアが世間に知られているシリーズあまり無いのでその時点で特殊ですよね。

ですが特殊なのは設定だけでなく、ストーリーやキャラクターもなのです。このハピネスチャージプリキュアは序盤こそ明るい子ども向けのプリキュアですが「幸せ探し」がテーマになっていて、幸せを見つけるまでの間弱い部分や醜い部分が多く描写されかなりネガティブな内容になっているのです。

やられてしまったプリキュアが封印されたり、恋愛が絡む話も多い為、子どもやプリキュア初心者におすすめしにくいので今回この順位になりました。

新しい試みが多くかつ人間の内面をかなり深くまで掘り下げたプリキュアなので、そういったところに見応えを求める方や、いくつかプリキュアを見てきて違うタイプが見たくなった方などにはもちろんおすすめです。

バトルの作画が全体を通して良いのでそこもポイントが高いです。

第12位 キラキラ☆プリキュアアラモード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キラキラ☆プリキュアアラモード vol.1 [ 美山加恋 ]
価格:3903円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★☆☆☆

キャラクターの魅力  ★★★☆☆

作画のクオリティ   ★★☆☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★★☆☆

大人へのおすすめ度  ★★☆☆☆

総合点        ★★☆☆☆

あらすじ

スイーツ大好きな中学2年生、宇佐美いちかは海外から帰ってくる母の為にケーキを作っていたが、突然妖精ぺコリンが空から降ってきた。

そしてヘンテコな怪物も現れ、スイーツに宿るエネルギー「キラキラル」を抜き取っていく。いちかはスイーツを守る為に、伝説のパティシエ・プリキュア、キュアホイップに変身するのだった…。

評価

プリキュアシリーズ14作目のキラキラ☆プリキュアアラモード、通称プリアラ

スイーツが題材の今作は、世界観がとても明るく可愛らしいのでかなり子どもにおすすめの作品になっています。

子どもにおすすめな分、少し大人が見るのは厳しいかなーといった印象。ですがスイーツがたくさんでてきたり、とても可愛らしいのでそういったものが好きな方や女性にはおすすめ出来ます。

一番賛否が分かれるのが恐らくバトルです。

今作は特に殴ったりなどの描写を敢えて減らしているため、バトルに迫力がないのが特徴で、初代プリキュアのような迫力あるバトルを想像していると肩透かしをくらう事も…。

キャラクターはいちかひまりのような可愛らしいキャラや、元気なあおい、そしてかっこいいお姉さんキャラのゆかりあきらと個性豊か。

特にゆかりあきらは宝塚の女役と男役のようなキャラクターで女性を中心に根強いファンがいるので、上の特徴と合わせて考えると特に女性におすすめのプリキュアなのではないかと思います。

第11位 魔法つかいプリキュア!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.1【Blu-ray】 [ 高橋李依 ]
価格:18956円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★☆☆☆

キャラクターの魅力  ★★★☆☆

作画のクオリティ   ★★★☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★★☆☆

大人へのおすすめ度  ★★☆☆☆

総合点        ★★★☆☆

あらすじ

中学2年生になる朝日奈みらいは、魔法界からやってきた少女リコ出会う。そこに世界侵略を企む闇の魔法つかいドクロクシーが現われ、二人はキュアミラクルキュアマジカルとなり伝説の魔法つかいプリキュアとして戦うことに。

みらいの大事なぬいぐるみのモフルンにも命が宿り、3人でドクロクシーと戦いながらリンクルストーンを探していく…。

評価

プリキュアシリーズ13作目の魔法つかいプリキュア、通称まほプリ

プリキュア自体が伝説の魔法つかいという設定でとにかく魔法づくしのプリキュアです。みらいがいるこちら側の世界はナシマホウ界と呼ばれていて、リコが来た魔法界と行ったり来たりしながら物語が進んで行きます。

魔法界の世界観はハリーポッターを意識した作りで好きな方にはかなりハマれる世界観になってます。

バトルは大人しめで、ストーリーはギャグが多く少し行き当たりばったりな印象なので、話に深みを求める方や熱いバトルが見たい方には少しおすすめしにくいかもしれません。

ですがまほプリの良いところはとにかく絵が可愛い、変身のフォームも数種類ありどれも非常に可愛らしくかっこいいデザインです。変身の度に今日はどのフォームだろうとわくわくしながら楽しめるのもまほプリの大きな魅力です。

とにかく可愛く明るく楽しみたい方にはとてもおすすめで、子どもにはもちろん男女等しく人気がある作品です。

第10位 ドキドキ!プリキュア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ドキドキ!プリキュア Vol.3 【BLU-RAY DISC】
価格:22853円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★☆☆

キャラクターの魅力  ★★★☆☆

作画のクオリティ   ★★☆☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★★☆☆

大人へのおすすめ度  ★★★☆☆

総合点        ★★★☆☆

あらすじ

大貝第一中学校の生徒会長を務める相田マナは幼馴染の菱川六花とともに社会科見学で東京クローバータワーに来ていた。そこで偶然アイドル歌手の剣崎真琴を見かけるが、実は彼女は謎の勢力ジコチューに祖国トランプ王国を滅ぼされ、女王を探すために地球に来たキュアソードというプリキュアだった。

相田マナ菱川六花はそれぞれキュアハートキュアダイヤモンドとなり、そこにもう一人幼馴染の四葉ありすキュアロゼッタとして加わりキュアソードを含めた4人でドキドキ!プリキュアとしてジコチューと戦うのだった。

評価

プリキュアシリーズ10作目のドキドキ!プリキュア、通称ドキプリ

今作ドキプリは「愛」がテーマのプリキュアでテーマだけ聞くと子どもには難しい感じがしますが、しっかり子どもにも楽しめるように明るく楽しい世界観になっています。

プリキュアシリーズでは珍しく優等生が多い印象で少しテンションは大人しめ、そのせいか全体的な作画は良いのですがバトルは抑え目で少し迫力にかけるかなーといった印象です。

訴えかけてくるテーマが深いので大人が見ても楽しめるプリキュアで、キャラクターデザインが非常に可愛いため、普段朝アニメを見ない方でもなかなか楽しめるのではないかと思います。

第9位 スイートプリキュア♪

ストーリーの良さ   ★★★★★

キャラクターの魅力  ★★★☆☆

作画のクオリティ   ★★☆☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★☆☆☆

大人へのおすすめ度  ★★★★☆

総合点        ★★★☆☆

あらすじ

加音町に住む北条響はかつての親友である南野奏とすれ違う日々を送っていた。しかしそこに世界の人々を平和にする為の「幸福のメロディ」の散らばった音符を取り戻すために、幸せな音楽の国メイジャーランドからハミィと7体のフェアリートーンがやってきて、二人はなし崩しにキュアメロディキュアリズムに変身することに。

人々を不幸にしようと目論むマイナーランドのメフィストと戦いながら、も友情を取り戻していきハミィ達とともに、音符を探していくのだった。

評価

プリキュアシリーズ9作目のスイートプリキュア♪、通称スイプリ

スイートプリキュアはとにかくストーリー構成が本当に素晴らしいです。最初から最後まで無駄な話がほとんどなく、設定もとても良く出来ています。

スイートは甘い、という意味ではなく組曲を意味していて、それぞれキャラクターのストーリーがラストに繋がっていく様はまさに組曲と呼ぶにふさわしい出来だと言えます。

音楽がテーマの今作ですが、見れば見るほど全てがテーマの音楽とかけてありとてもこだわりを感じるプリキュアです。

べた褒めしておいてなぜ9位なのかと思われるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

まずストーリーの出来は素晴らしいのですが、やはりその分大人向けの内容になっていて子どもには少し難しい話になっています。他で子ども向けの要素があれば良いのですが全体的に向けている年齢層が少し上なので、子どもとはいっても中学生ぐらいの子が一番楽しめるのではないかと思います。

そして全体的に作画が少し悪い、特別今作がという訳ではないのですがキャラクターデザインの頭身が従来のプリキュアよりも高めで、衣装にフリルなどが多い関係で少し粗が目立つ作画になっています。バトルも少しおとなしめな印象です。

ストーリーに質を求める方や大人の方には特におすすめなプリキュアです。

第8位 フレッシュプリキュア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フレッシュプリキュア! 1 [ 沖佳苗 ]
価格:3249円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★★☆

キャラクターの魅力  ★★★★☆

作画のクオリティ   ★★☆☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★★☆☆

大人へのおすすめ度  ★★★★☆

総合点        ★★★☆☆

あらすじ

中学2年生の桃園ラブはダンス好きの女の子、大好きなダンスユニット、トリニティのイベントを見に来ていたら管理国家ラビリンスのイースと怪物ナケワメーケに襲われてしまう。

ラブはトリニティのリーダーミユキを守る為プリキュア、キュアピーチとなって戦う事に。

それから彼女の幼馴染の蒼乃美希キュアベリーに、山吹祈里キュアパインとなり妖精のタルトシフォンと共に戦って行く。

評価

プリキュアシリーズ6作目のフレッシュプリキュア、通称フレプリ

フレッシュプリキュアは序盤が一番辛いプリキュアかなーと思います。とにかく作画は悪いしテンポも良くない。みんなが揃うまで必殺技の演出もカッコ悪いので人によっては面白くなって来るまでにやめてしまう事も多いです。しかしフレッシュプリキュアは12話を越えたくらいから本領発揮するので我慢して見てほしいと個人的には思います。

そして個別の回、話の本筋ともにとてもよく出来ていていい大人でも泣いてしまう程いい話がいくつもあり、大人にも安心して勧められます。ですが子どもも楽しめない訳ではなく、女の子が喜ぶようにダンスをメインに話が作られていてギャグも多いため十分楽しめると思います。

意外と重要なのが敵キャラクターでとてもいいキャラをしているので、ここもフレプリの大きな魅力になっています。

キャラクターそれぞれの口癖を組み合わせると「しあわせ」になったり細かいこだわりもたくさんあるので見ていて飽きさせません。

作画があまり気にならない方であればとてもおすすめなプリキュアです。

第7位 ふたりはプリキュア、ふたりはプリキュアMax Heart

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふたりはプリキュア DVD-BOX vol.1[Black](完全初回生産限定)
価格:107460円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★☆☆

キャラクターの魅力  ★★★★☆

作画のクオリティ   ★★★☆☆

子どもへのおすすめ度 ★★★★☆

大人へのおすすめ度  ★★★★☆

総合点        ★★★★☆

あらすじ

世界を闇に染めようと目論む悪の勢力ドツクゾーンに光の園が襲われ、そこから逃げてきた妖精のメップルミップル

逃げ込んだ場所は彼らの世界では虹の園と呼ばれている地球だった。そして普通の女子中学生として過ごしていた美墨なぎさ雪城ほのかは、妖精を追いかけて来たドックゾーンの怪物に襲われてしまう。そこで二人は妖精の力により伝説の戦士プリキュア、キュアブラックキュアホワイトに変身して戦う事になる。

評価

プリキュアシリーズの記念すべき1作目と2作目、ふたりはプリキュアふたりはプリキュアMaxHeart。1作目は無印、2作目はMHと呼ばれる事が多いです。

やはり初代という事もあり一番知名度が高く、ファンの間でも神格化されている事が多く順を追って見たい方はもちろんこの初代をおすすめします。

ですがやはりここは初めて見る方のために初代にもどういう良さと悪さがあるかをちゃんとご紹介します。

まずはバトルが凄いとよく言われる初代ですが、正直にいうと作画はそれほどよくありません。確かにバトルは肉弾戦が主で迫力はあるのですが声優さんの演技によるところが大きく、全体を通してそれほど作画が凄い!という訳ではないのが少し残念なところ。あとMaxHeartに入ると少し間延びする展開が続いてしまいます。初代のマイナスな点は大体そんなものかと思います。

ではなぜ今だに初代は人気なのか?それはズバリ主人公二人のキャラクターです。二人はお互い性格が真逆で最初はあまり仲良くありません。ですがプリキュアをやっていく事で互いに心をかわしていく…この描写がとても素晴らしく、特に8話の喧嘩回プリキュアファンなら知らない人はいない程の名エピソードで神回との呼び声も高いので、とりあえずプリキュアを見てみようという方はこの8話まで見てから決めても良いかもしれません。

その先も少し探りながら作っている感じはありますがいいエピソードも多く、大人も子どもも楽しめます。

第6位 Yes!プリキュア5、Yes!プリキュア5GoGo!

ストーリーの良さ   ★★☆☆☆

キャラクターの魅力  ★★★★★

作画のクオリティ   ★★★★☆

子どもへのおすすめ度 ★★★★★

大人へのおすすめ度  ★★★☆☆

総合点        ★★★★☆

あらすじ

三区ルミエール学園に通う中学2年生の夢原のぞみは少しドジだが元気いっぱいの女の子。ある日謎のイケメン男性に出会うが、実はその正体は妖精の姿をしたパルミエ王国の王子ココだった。

ココは悪の集団ナイトメアに滅ぼされたパルミエ王国を復興するためにプリキュアを探していたらしく、丁度そこにナイトメアの手先コワイナーが現れ、のぞみキュアドリームに変身して戦う事に。そして同じ学校の夏木りん春日野うらら秋元こまち水無月かれんがそれぞれキュアルージュキュアレモネードキュアミントキュアアクアとして仲間に加わりプリキュア5としてパルミエ王国の復興を目指すのだった。

評価

プリキュアシリーズ4作目と5作目のYes!プリキュア5Yes!プリキュア5GoGo。通称5GoGo

プリキュア5はとにかく楽しい!!それに尽きます。プリキュアの魅力はストーリーやバトルなど色々ありますが、とにかく思わず応援したくなる楽しくてかっこいいプリキュアといえばやはりこの5だと思います。

キャラクターも個性豊かで魅力的、そしてバトルの作画にとても力が入っており、戦隊もののような5人という要素も相まってまるでヒーローショーを見ているかのように楽しめます。

ストーリーも非常に分かりやすいので子どもには特におすすめ出来ます。特に2期に当たるGoGoのOPはプリキュアファンの中でも人気の高い疾走感がある楽曲でなので、これだけでも一度聴いてみてほしい一曲です。

ですがストーリーが単純明快な分、やはり大人には見応えに欠ける部分もありストーリーに深みを求める方には少し厳しい内容かもしれません。

作画もバトルのクオリティが高い分、日常パートはあまり良いとは言えない出来に仕上がっておりそこも少し残念なところです。

しかしこれぞプリキュア!といった魅力が詰まっているのでプリキュア初心者の方にも是非見てほしいシリーズです。

第5位HUGっと!プリキュア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HUGっと!プリキュア vol.1【Blu-ray】 [ 引坂理絵 ]
価格:19126円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★★☆

キャラクターの魅力  ★★★★☆

作画のクオリティ   ★★★★☆

子どもへのおすすめ度 ★★★★☆

大人へのおすすめ度  ★★★★☆

総合点        ★★★★☆

あらすじ

「超イケてる大人のお姉さん」になる事を目標にラビェニール学園に転校してきた主人公、野乃はな。転校初日から災難ばかりの彼女の元に突然女の子の赤ちゃんが降ってきた。

そして彼女に「はぐたん」と名付け、一緒にやってきたハムスターのようなハリハム・ハリーとともにはぐたんを育てる事に。だがそのはぐたんが持っているミライクリスタル狙い、謎の組織クライアス社が襲ってきた。はぐたんを守る為に野乃はなは「元気のプリキュア」キュアエールに変身し戦う事を決意する。

クラスメイトであり学級委員長で女優の薬師寺さあやが、「知恵のプリキュア」キュアアンジュに、同じくクラスメイトでフィギュアスケーターの輝木ほまれが「力のプリキュア」キュアエトワールとなって共に戦うのだった。

評価

2018年8月現在放送中のシリーズ15作目のHUGっとプリキュア、通称はぐプリ

子ども向けアニメのプロフェッショナルである佐藤順一を招いて作られたはぐプリ、約半分である26話まで放送されてますが今のところ子ども大人両方におすすめ出来る良作です。

なんでもできる!なんでもなれる!輝く未来を抱きしめて!がキャッチコピーで子育てや愛がテーマのプリキュア。未来、可能性を前向きに明るく描いているので子どもが見ても楽しめ、同時に現実を忘れずに提示する事で大人にも大変見応えのある内容になっています。

コミカルに描いていたはなの転校に実は重い理由が隠れていたり、キャラクターや関係性のメタファーが緻密に描かれていたりしてこれからの伏線の回収も非常に楽しみとなっています。

今のところ特に悪いところが見当たらず、強いて挙げるなら他のプリキュアと比べると元気なキャラが少なく少しテンションが抑え目かなといった印象です。ですが、新しいプリキュアであるキュアマシェリキュアアムールの登場回、また初代プリキュアが登場する回など見どころのある話がとても多く、今作からプリキュアを見てみようという方にも是非お勧めできる作品です。

第4位 スマイルプリキュア!

ストーリーの良さ   ★★★☆☆

キャラクターの魅力  ★★★★☆

作画のクオリティ   ★★★★☆

子どもへのおすすめ度 ★★★★★

大人へのおすすめ度  ★★★★★

総合点        ★★★★☆

あらすじ

絵本が大好きな中学2年生の星空みゆきは転校初日、絵本から出てきた妖精キャンディと出会う。キャンディは絵本の国メルヘンランドからの使いで世界をバッドエンドにしようと目論むバッドエンド王国から自国を救う為に、伝説の戦士プリキュアを探していた。

キャンディに頼まれみゆきキュアハッピーとして変身し、そして転校先のクラスメイトの日野あかねキュアサニーに、黄瀬やよいキュアピースに、緑川なおキュアマーチ青木れいかキュアビューティとなり、スマイルプリキュアを結成して共に戦うのだった。

評価

シリーズ10作目のスマイルプリキュア、通称スマプリ

スマプリプリキュア5と似ている点が多く、戦隊もののように5人構成でかつテンションが高めの明るく楽しいプリキュアとなっています。

なのでもちろん子どもには特におすすめなんですが、キャラクターデザインが特別可愛く深夜向けとも言えるデザインの為朝アニメをあまり見ないような大人にも非常に人気があり、この作品を見てプリキュアシリーズにハマったという方も多いようです。

キャラクターも魅力的でそれぞれの悩みを解決するメインの回は、どれも盛り上がりが凄くバトルも熱いので夢中になる事は必至で飽きる事無く全話視聴する事が出来るかと思います。

特に青木れいかキュアビューティが自分の道を見つける43話は、ファンの間でも神回と呼ばれていて非常に人気が高いので是非見ていただきたいエピソードです。

良いところがたくさんあるスマプリですがストーリーを星3にしたのには理由があり、単発の回はとても面白いのですが全体を通してみると少し粗が目立ち勢い重視の展開が多いので、繊細な心理描写を求める方には少し物足りない事も。

朝アニメはあまり見た事はないけど、プリキュアに興味があるという方はこのスマイルプリキュアから見てみるのがシリーズに入りやすいかもしれません。

第3位 ハートキャッチプリキュア!

ストーリーの良さ   ★★★★☆

キャラクターの魅力  ★★★★☆

作画のクオリティ   ★★★★★

子どもへのおすすめ度 ★★★★☆

大人へのおすすめ度  ★★★★★

総合点        ★★★★☆

あらすじ

希望ヶ花市に引っ越してきた中学2年生の花咲つぼみ転校先の学校で来海えりかに出会うのだが、積極的な彼女を前に消極的な性格のつぼみはしり込みしてしまう。

しかしそこにつぼみが夢で見た妖精、シプレコフレが現れ、それを追ってきた砂漠の使徒サソリーナにえりかのこころの花が奪われてしまう。つぼみえりかを助けるためシプレの力を借りてキュアブロッサムへと変身し、戦う事を決意する。

それからえりかもプリキュア、キュアマリンとして変身し、生徒会長の明堂院いつきキュアサンシャインに、元々プリキュアだった月影ゆりキュアムーンライトに変身する力を取り戻し、4人でサバーク博士と率いる砂漠の使徒達と戦うのだった。

評価

シリーズ7作目のハートキャッチプリキュア、通称ハトプリ

おジャ魔女どれみのスタッフが再集結して作られ、一番の商業的成功を収めたと言われているプリキュア。

今作はとても明るい世界観で、パッと見た感じだと子どもにとてもおすすめなのですが、内容はなかなか重くどちらかと言うと大人向けです。

可愛い絵柄とは裏腹に激しいバトルと少年漫画のような熱い展開が多いので、女の子向けだからという理由でプリキュアを敬遠している方や男の子や男性の方に特におすすめです。

ですがテーマは花とファッションで変身アイテムが香水になっていたりと、女の子も楽しめる要素がしっかりあるのでご安心ください。

全体的にクオリティが高くバランスがとれているプリキュアなので、プリキュア初心者でもどの年代の方にも自信を持っておすすめ出来ます。

第2位 ふたりはプリキュア Splash☆Star

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふたりはプリキュアSplash☆Star DVD-BOX vol.1 【完全初回生産限定】
価格:107460円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★★★

キャラクターの魅力  ★★★★★

作画のクオリティ   ★★★★☆

子どもへのおすすめ度 ★★★★☆

大人へのおすすめ度  ★★★★★

総合点        ★★★★★

あらすじ

幼い頃に大空の樹で妖精を見た日向咲美翔舞。二人は引っ越しで一度別れてしまったが、5年ぶりにまた同じ樹の下で再開を果たす。

その時昔見た妖精、フラッピチョッピが現れ、助けを求められる。そして二人は伝説の戦士プリキュア、キュアブルームとキュアウィンディとなり、世界を我が物にしようと企むアクダイカーン達と戦うのだった。

評価

シリーズ3作目、ふたりはプリキュアSplashStar、通称SS

ふたりはプリキュアという名前ではありますが、初代の2作品とは関係がなく独立した作品なので、もちろんこちらを単体で見る事が出来ます。

僕は個人的に大好きな作品で間違いなく名作と信じているスプラッシュスターですが、商業的には一番の失敗と言われていて黒歴史のように扱われる事もしばしば…。

ですがそういった風評被害でスプラッシュスターを見る事をやめてしまったらもったいないので、今回は精一杯おすすめします。

まずストーリーが素晴らしいです。特に単発回の話が特に良く、の絆を始めとして親子愛、兄弟愛、自然を愛する大切さが描かれ、優しいストーリーになっています。

しっかり親の目線に立って書かれている話も多く、大人が見ても楽しめるものになっています。

また背景が美しく、スプラッシュスターはテーマが「花鳥風月」という事で自然の描写がとても繊細で綺麗に描かれています。その為背景の美しさは全プリキュアの中でも群を抜いたクオリティになっており、優しい話と相まってとても癒される世界観のプリキュアです。

キャラクターも非常に魅力的で主人公であるや妖精のフラッピチョッピはもちろんなのですが、スプラッシュスターは敵キャラクターが非常に個性的で、ユニークなジョークを飛ばしながら登場したり、敵ながら固い信念を持っていたりと今でもファンの間で非常に人気があります。

そしてその敵キャラクター達とのバトルは、序盤こそ少し大人しいものの物語が進むにつれて勢いが増していき、ラストバトルでは手に汗握る凄まじい迫力のバトルになります。

このように少しひいきもあるかも知れませんが、正直に言ってほとんど欠点の無いプリキュアで、恐らく商業的に失敗してしまったのは主人公であるが初代の二人に近づけて作られてしまったからだと思われます。

もちろん性格や見た目などしっかり見ていけば違っていて、それぞれに魅力はあるのですがパッと見た感じだと区別がつきにくかったりして、特にシリーズを最初から見ている人にはあまり変わり映えがなかったことが問題だったのかもしれません。

しかし裏を返せば、最初にスプラッシュスターを見よう!という方には何も問題はなく、むしろプリキュア初心者にはおすすめといえます。

花鳥風月が題材なので少し子どもには難しい部分もあるかもしれませんが、プリキュアが初めての方にもそうでない方にも是非見ていただきたい作品です。

第1位 Go!プリンセスプリキュア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Go!プリンセスプリキュア vol.1 【Blu-ray】 [ 嶋村侑 ]
価格:18885円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)

ストーリーの良さ   ★★★★★

キャラクターの魅力  ★★★★★

作画のクオリティ   ★★★★★

子どもへのおすすめ度 ★★★★★

大人へのおすすめ度  ★★★★★

総合点        ★★★★★

あらすじ

主人公の春野はるかは昔読んだ絵本、花のプリンセスの影響でプリンセスになりたいと夢見ていた。

中学1年になり全寮制のノーブル学園に入学しルームメイトの七瀬ゆいと将来の夢を語り合っていたが、幼稚園の頃に夢をからかわれてしまった経験から自分の夢を言う事が出来ずに森へ逃げ込んでしまう。

そこでロイヤルフェアリーのパフアロマに会い、さらに二人を追っていた闇の勢力ディスダークのクローズと遭遇する。

そしてゆいが怪物のゼツボーグにされてしまい、彼女の夢をあざ笑われた事に怒ったはるかがプリンセスプリキュアの花のプリンセス、キュアフローラに変身し彼女を助ける事を決意する。

それから学園の生徒会長でありはるかの先輩の海藤みなみが海のプリンセスキュアマーメイドに、同じ1年生で人気モデルの天の川きららが星のプリンセスキュアトゥインクルとなり、3人は究極のプリンセスであるグランプリンセスを目指しながらディスダークと戦っていく。

評価

シリーズ12作目、Go!プリンセスプリキュア。通称ゴープリ姫プリと呼ばれる事もあります。

まず最初に言いますとGo!プリンセスプリキュアプリキュア最高傑作です。評価もMaxですが正直★5以上をあげたいほどの圧倒的完成度。

もちろん好みはありますし他の作品が一番という方も当然いるでしょうが、プリキュアを見たいという方がいれば僕は間違いなくゴープリを推します。

1つ心配があるとすればゴープリを見てしまったら、あまりのクオリティの高さに他のプリキュアが見れなくなってしまうのではないかという事です。

それほどまでにストーリー、メッセージ性、作画の出来が完璧で、プリキュアに限らず他ジャンルのアニメと比べても名作です。

まずストーリーに無駄が一切なく、日常回さえも後の重要な伏線となったり全てがラストに繋がっている完璧な脚本です。

ゴープリは「プリンセス」と「夢」がテーマになっているのですが、ゴープリにおいてのプリンセスというのはそのまま王家の娘という訳ではなく「強く、優しく、美しく」を三原則として、立派で気品溢れる理想的な女性になるという意味になっています。

「夢」に対する考え方も素晴らしく、夢というものは希望と絶望の表裏一体であるからこそ、希望に溢れていても常に絶望の存在も忘れず向き合っていくというメッセージが込められていてこれから夢を持つ子ども達も、かつて夢を見ていたり今も夢を追っている大人も非常に考えさせられます。

はるかみなみきららはもちろん仲が良いのですがお互いを尊重し合い、一緒に頑張るというよりただ傍にいるだけで頑張るのは自分自身、という非常に自立した関係となっています。

その為いつものプリキュアにある騒がしかったり楽しい雰囲気は少し少ないかもしれません。

作画もシリーズを通してほとんど乱れる事はなく、むしろ劇場版のようなクオリティの回が何度もあり作画に関しても間違いなくシリーズ一です。

上で挙げたようにテーマが重いので大人にはもちろんおすすめですが子どもには少し難しいかもしれません。

ですがGo!プリンセスプリキュアから学べる事は絶対にこの先ためになり、宝になると思うので是非子どもにも見ていただきたい作品です。

5.最後に

いかがでしたか?

13種類もの作品を紹介したので大分長くなってしまいましたが、プリキュアの魅力や特徴が伝わっていたらうれしいです。

プリキュアは15年の歴史があり、話数や映画、グッズもたくさんあるので一度ハマればどこまでも楽しめる最高のコンテンツです。

是非自分に合いそうなプリキュアを見つけて試しに見てみてください!